DRM サービスTOP > サイトプロテクトTOP > 他社DRMサービスとの比較

@RTV
会社概要販売代理  
サイトプロテクトとは
サイトプロテクトの動作について
他社サービスとの比較
利用開始までのフロー
DRMパッケージツール
APIの仕様について
オプション専用サーバーについて
ご利用料金について
よくある質問とその答え
導入事例
サイトプロテクトお問い合わせ
サイトプロテクトお申し込み
TOPへ戻る




DRMサービス


@RTV ストリーミング配信サービス
ライブ配信

@RTV ストリーミング配信
ストリーミング配信


専用サーバーサービス
専用サーバー


@RTV 会員制システムASP
会員制サイト


他社DRMサービスとの比較
DRMについては、何社か似たような仕組みを提供しています。弊社のサービスと比較した場合、どう違うのかをこのページでは説明しています。
 比較表
@API AコンテンツID数 B再生キー数 月額費用 1コンテンツID当りの単価
弊社 1000 無制限(36の16乗) 52,500円 52.5円
A社 × 1 100 10,500円 10,500円
B社 × 1 32,767 8,000円 8,000円
@API : お客様のサーバー上の会員情報や購入情報とDRMサーバーとリンクするための機能。
自動で再生キーを発行・管理する機能も実装されています。
AコンテンツID数 : こちらについては下段にて別途説明します。
B再生キー数 : 再生するためのIDとパスワードや、シリアルキーの数になります。
この弊社独自の仕様については、特許出願済みの機能となります
 APIの有無について
APIの有無については、すでに会員制サイトを展開してるコンテンツホルダーにとっては重要な問題です。APIが無い場合は、御社コンテンツサイト側のユーザー情報や購入情報等をDRM再生キーと関連付けて活用することができません。

弊社DRMサービスは国内企業で唯一APIを用意しているアプリケーションサービスプロバイダーです。
 コンテンツIDについて
上記で見たように、弊社DRMサービスと他社との間で、コンテンツIDの数に大きい差が見られます。この点は非常に重要で、見逃してはいけない点です。下記に詳しく説明します。
他社DRMサービスの場合
他社DRMサービスの場合
他社DRMサービスの場合は、1つのコンテンツID(この場合012345)によってすべての動画が管理されています。この場合、どのユーザーIDでもすべての動画を再生することができてしまいます。すべての動画が1つのコンテンツIDによって制御されていますので、汎用性に乏しい仕様となっています。
弊社DRMサービスの場合
弊社DRMサービスの場合
弊社DRMサービスでは、1つの動画に1つの一意のコンテンツIDが付与されます。このことは、どの動画に対して、どのユーザーに再生許可を与えるか等制御できるということを示します。従って、ダウンロード販売として使用することも、月額課金制のコンテンツサイトで使用することも自由自在で拡張性に優れています。
また、他社DRMサービスで弊社DRMサービスと同じようにコンテンツID1000個を用意しようとした場合は、1000契約分が必要ということになり、費用対効果にも優れています。
   

Copyright (C) 2006 RTV. All Rights Reserved.