DRM サービスTOP > メディアプロテクト > メディアプロテクトの特徴

@RTV
会社概要販売代理  
メディアプロテクトとは
メディアプロテクトの特徴
他社サービスとの比較
DRMについて
DRMの信頼性
オプション
メディアプロテクト料金
メディアプロテクトよくある質問
メディアプロテクト導入事例
メディアプロテクトお問い合わせ
メディアプロテクトお申し込み
DRMパッケージツール
APIの仕様について
DRM TOPページへ戻る




DRMサービス


@RTV ストリーミング配信サービス
ライブ配信

@RTV ストリーミング配信
ストリーミング配信


@RTV 会員制システムASP
会員制サイト

メディアプロテクトの特徴
 シリアルキーによって動画・音声ファイルの再生管理を行います
シリアルキーによって動画・音声ファイルの再生管理を行います
メディアプロテクトでは、動画・音声ファイルの再生管理をシリアルキーによって実現しています。
(シリアルキーなしでは動作しません、下記がその例になっています)
シリアルキーによる動画再生制御例

パラメータ設定→(毎回ライセンス要求+無期限再生+再生回数1回)

DRMパッケージ動画ダウンロード

再生シリアルキー:KRJVO82TYBBSQ8AB
 再生期間、視聴可能回数の設定が可能です
再生期間、視聴可能回数の設定が可能です
再生期間の設定や、視聴可能回数の設定が行えます。
 シリアルキーの発行・設定・管理はAPIを通して御社システム上で行います。
シリアルキーの発行・設定・管理はAPIを通して御社システム上で行います
・他社DRMサービスとは異なり、シリアルキーの発行・削除や、そのパラメータ(再生回数、再生期限)の設定は御社サーバー上にプログラムを設置し、APIを通して弊社DRMサーバーと通信することで実現します。

・プログラムがすべて処理を行なうためコンテンツビジネスの完全自動化を実現するとともに、御社会員ユーザーとシリアルキーを紐付けすることで、そのユーザーがどのコンテンツを購入したか等のマーケティングが可能になります。

・御社サイドで決済システムを用意する事で課金を行う事も出来ます。
 様々なシリアルキーの発行方法を実現します
バラバラでシリアルキーを発行するケース
上記のメディアプロテクト使用方法では、コンテンツID「test.wmv」の動画は、4つのシリアルキー(123456、169578、115386、789563)によって再生することができます。コンテンツIDと生成したいシリアルキーの組み合わせを弊社DRMサーバーに投げることでいつくでもシリアルキーを生成できます。
1つのシリアルキーに対して、再生させるコンテンツIDを割り振る
上記ケースでは、シリアルキー1つに対して再生させるコンテンツIDを割り振っています。この形式では、シリアルキー「123456」の人が、別の動画コンテンツを購入した場合にそのコンテンツIDを登録することで追加することができます。

再生するユーザー側のメリットとしては1つの動画につき1つのシリアルキーが生成される形式ではなく、1つのシリアルキーで自分の購入したすべての動画を再生することができるので、非常に便利です。

会員制サイトを運営中の管理者側のメリットとしては、シリアルキーをログインIDとマッチさせることで、御社登録会員の誰がどの動画を購入しているのかを把握することができます。
プロバイダIDが所有するすべての動画・音声コンテンツ(コンテンツID)を1つのシリアルキーで再生
上記のメディアプロテクト使用方法では、プロバイダID「atrtv.com」がDRMパッケージ化したすべての動画・音声コンテンツが、1つのシリアルキー(上記図では、「123456」でも「169578」でも)によってすべて再生できます。もちろん、シリアルキーを追加生成することが可能です。

会員制サイトを運営されている場合、登録済み・新規登録されるユーザーID(御社システム上のユーザー)に1つのシリアルキーを生成することで、そのユーザーが有効な間は、ダウンロードしている、またはWEB上に公開されている動画音声コンテンツの再生を許可する事ができます。(例えばユーザーAとユーザーBが会員登録していたとすると、ユーザーAにシリアルキー「123456」を割り当て、ユーザーBにシリアルキー「169578」を割り当てとします)

ユーザーが退会してしまった場合は、そのシリアルキーを削除してしまうことで、ダウンロードしたすべてのコンテンツの再生ができなくなります。
弊社DRMサービスは、拡張性豊かなサービスとなっておりますので、お客様の組み込み方次第で如何様にも設定可能です。技術ドキュメントをごらん頂き、様々な用途にご活用ください。
プロバイダID:コンテンツプロバイダー様に弊社が割り当てるIDで、1社につき1プロバイダIDです。

コンテンツID:WMV/WMAファイルをDRMパッケージする際に生成されるIDで、1動画につき1つのコンテンツIDが生成されます。

シリアルキー:DRMパッケージされたWMV/WMAファイルを再生させるためのキーで、どの動画について(コンテンツID)再生を許可するのかを設定します。
 

Copyright (C) 2006 RTV. All Rights Reserved.